くびれを作るには筋トレよりほぐすのが大事?流行ってるのを試してみた

くびれは筋トレより、あえてほぐす!

くびれを作ると、体型の悩みと体調不良を同時に解消できるんです♪

予約が取れない一番人気トレーナーの究極のくびれの作り方!!

しかも、最強「ながら」運動!!

30代ママの毎日のあるあるシチュエーションで、くびれを作る!

だから、知ったら差がつく!やったもん勝ち!

あえてほぐす!大人気トレーナーのくびれの作り方

3児のママ!大人気トレーナーはくびれ母ちゃん

パーソナルレッスンは予約が取れない人気!

大人気トレーナーは、村田友美子さん。

yumicorebody代表。

3児を育てる傍ら、コアトレーニングに出会い、独自のメソッドを展開。

スタイルよく見せる姿勢がくびれを無くす

垂れたお尻を高く見せようと、キュッと腰が反っていませんか?

スタイルをよく見せると言われる姿勢=いい姿勢、と思い込んでいる人多いんです。

これは正しい姿勢ではなく、逆に変な筋肉を使ってしまい、固まったお腹や、腰や足。そして腰痛。

硬くなると、骨盤も内臓も正しい位置にない状態で、動きも悪く、ゆがみも痛みも出て体調不良に。

ポイントをほぐすだけで、体が軽くなり、体の可動域が広がると、骨盤も内臓も正しい位置になり、くびれにつながります。

くびれは筋トレで作るは大きな間違い!

くびれを作るのに筋トレをガンガンやっていませんか?

くびれに腹筋を鍛えればいい!は大きな間違い!

腹筋を鍛えるほど、ぽっこりお腹は解消されるかもしれませんが、くびれがない、まっすぐのラインに。

くびれを作るためには、肋骨の動きをよくするためにお腹をほぐさないといけないんです。

惚れ惚れするくびれ

女優やモデルからも信頼も厚い、トレーナー村田友美子さんのくびれは惚れ惚れします。

筋トレじゃないから気軽!今すぐ始めた人勝ち

最強のながらトレーニングは、膣締め+呼吸!

「膣締め」とは、くびれを作る肝。

膣を内側に引き上げるような動きです。

イメージは、おしっこを我慢するような感覚。

仰向きに寝た状態で膣締めとしてみて、骨盤の内側の筋肉がグッと硬くなれば正しくできています。

 
呼吸は「胸式呼吸」。

くびれを作るのは、腹式呼吸ではなく、胸式呼吸。

その名の通り、胸の部分、肋骨が動きます。
 
膣締めをしながら、呼吸をすると自然に胸式呼吸に。

鼻から胸に吸い、倍の時間をかけて、息を吐ききります。

すると、肋骨が閉まって、アンダーバストも細くなり、くびれにつながるんです!!

さらに、内臓や横隔膜の動きも良くなり、基礎代謝もアップ!!
 

ベビーカーや買い物のカートはおへそと恥骨をグッ!

ハンドルに寄りかかっていませんか?

腕の力だけで押していませんか?

腕の力だけで、推そうとすると、体はハンドルに寄りかかり、反り腰に。

実は、力も入りにくい。
 
おへそと恥骨をグッと近づけ、体の軸をまっすぐ押す。

これで、ベビーカーやカートを押しながら、体幹を鍛えるコアトレーニングに!

力も入りやすいし、体も疲れにくいんです。

抱っこひもは、骨盤上でキュッ!

抱っこひもを腰上、ウエストにつけていませんか?

腰上につけると、重心がとりにくく、どんどん前へ・・・

すると、腰が反り、腰痛、ひもが肩に食い込んで肩こり、力が入り過ぎて脚まで太くなります
 
抱っこひもは、骨盤のライン上につけるのが〇!

重心はかかとを意識して、おしっこを我慢するように膣を締めると、姿勢がまっすぐ!

姿勢を改善すると、くびれに効きます。
 

座るときは、膣をキュッ!

PCをするとき、連絡帳を書くとき、肩が前に出て前傾になっていませんか?

まずは、耳と肩の位置をまっすぐ、床に垂直になるイメージにするだけで、姿勢はグッとよくなります。

骨盤が少し、後ろに傾くぐらいがちょうどいい感じかも。
 
そこにプラス、膣をキュッ。おしっこを我慢するように。

これだけで、立派なコアトレーニング!

くびれを作る!お腹・腰周りのほぐし方

ほぐすのは3点。

腸腰筋、腰方形筋、外側広筋

この3点をしっかりほぐすと、姿勢が変わり、自然とお腹・腰周りのお肉が減るそう。
 

ほぐし方は、テニスボールを使用。

人気トレーナーくびれ母ちゃん、村田友美子さんプロデュースのボールもあります。

  • 腸腰筋・・・ビキニラインと骨盤のでっぱりの下部分。
    うつぶせになって、ボールを置いてほぐす。
  • 腰方形筋・・・お尻の上、背骨の横。
    仰向けでほぐす。
  • 外側広筋・・・前太ももの斜め横。
    体を横にして寝転がり、ボールで全身を支えるようにほぐす。

狙いたいポイントの周りをボールで探すと、電気が走るようなビリビリ痛みを感じる場所がほぐす場所です。

先生いわく、気持ちいいぐらいだとほぐしたい深層には効いていないんだとか・・・

自分ではなかなかゴリゴリほぐせないので、息を吐きながら、ぐ――っと押し当てるだけでもOKだそう。

まとめ

くびれを作るのは、筋トレより、ほぐし!

しかも体の不調まで改善!

30代ママでも、憧れのくびれが手に入る!!

最強ながらトレーニングで、買い物、PC、30代ママの毎日のあるあるシチュエーションでできる、ながらトレーニングは今すぐ始めた人勝ち!

本も出されていますよ♪

くびれ母ちゃんの、最強ながらトレーニング (VERY BOOKS) 村田友美子 (著)